「氷の祭典」アイスカービングin伊佐

 県内でも寒さの厳しいところとして知られる伊佐市で、21日夕方から22日にかけて「氷の祭典」アイスカービングin伊佐が開かれました。 メインイベントとなる「氷の彫刻」には、ホテルの料理人のグループや地元の建築士会などから15チームが参加しました。 参加者たちは、縦およそ50センチ、横100センチ、厚さ25センチの氷の柱を電動のこぎりやのみなどを使って削り、それを何本もつなぎ合わせて作品を作り上げていきます。 厳しい冷え込みの中、徹夜で作業が続けられ、明け方までには「がんばろう日本」と題された竜の彫刻や、去年の秋開通した「新曽木大橋」などの作品が完成し、会場を訪れた人たちは感心した様子で作品に見入っていました。 また、会場の一角には全長50メートルの氷の滑り台が設置され、子どもたちの歓声があがっていました。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28522.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 37 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル