【動画】アカデミー賞・加藤監督、母校で後輩たちにエール

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  2年前、「つみきのいえ」でアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した鹿児島市出身の加藤久仁生さんが、母校の桜丘東小学校を訪れ、後輩たちに「迷って悩んで自分のやりたいことを見つけてほしい」とエールを贈りました。 卒業以来、22年ぶりに母校を訪れた加藤久仁生監督。自身が手掛けた『つみきのいえ』は2009年、アメリカのアカデミー賞で日本で初めて、短編アニメーション賞を受賞しました。その加藤監督が、母校の桜丘東小学校を訪れ、創立30周年の記念式典に出席。およそ750人の後輩たちを前に加藤監督は朴とつに語りかけました。「話が得意じゃないので、受けなければよかった。高校の時、将来どうやって仕事をしていこうと考えた。自分は小さい頃から絵を描くのが好き。それを人が喜んでくれる絵を書いていこうと決めた。」こう語った加藤監督は自身のこれまでの歩みを感慨深く振り返りながら、未来ある後輩たちに最後、こんな加藤さんらしい言葉でエールを贈りました きっと後輩たちは、加藤監督の言葉を胸に悩み迷いながらも、自分らしい夢を見つけてくれることでしょう。


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 53 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル