【動画】大隅地域の公立高校の在り方、方向性決まる

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  県内で進められている公立高校の再編についてきょう、大隅地域の検討委員会が財部、末吉、岩川の3校を統合することなど今後の方向性を大筋で示しました。 大隅地域の公立高校は少子化や過疎により、定員割れが相次いでいますが、地元の反対や通学事情などから高校の再編は遅れています。こうした中で地元大隅の市や町、それに県などでつくる検討委員会はこれまで約1年間協議を続け、きょう、委員長の私案が示されました。この中では曽於地区の財部、末吉、岩川の3校を統合することや、高山高校を6年制の中高一貫教育とすること、そして、大隅最南端にある南大隅高校は「自転車競技を売りに、全国から生徒を集める」ことが盛り込まれています。3校が統廃合される曽於地区からは反対意見も出されましたが、きょうの案を元に検討委員会では来月、協議結果をまとめ、県に提出することにしています。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28716.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 250 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル