【動画】屋久島事件裁判 男は否認

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  2009年に屋久島町の元会社社長が行方不明になり、その後、栃木県の山中から遺体で見つかった事件で、逮捕監禁致死などの罪に問われている、被告の裁判員裁判が、13日から鹿児島地裁で始まりました。 主犯とされる髙橋受刑者はすでに懲役14年の判決を受けましたが、一貫して否認を続ける川口被告については起訴から約2年もの間裁判が開かれませんでした。 13日の初公判で川口被告は起訴内容を改めて否認し、無罪を主張しました。 この事件は2009年5月、屋久島町の元会社社長、藤山幸彦さんが連れ去られ、その8カ月後、栃木県の山中の井戸の中から遺体で見つかったものです。 警察は現金を脅し取る目的で、藤山さんを車のトランクに入れて窒息死させ、その後遺体を捨てた疑いで、住所不定無職の髙橋秀明受刑者と神奈川県川崎市の無職・川口秀雄被告を逮捕しました。 当初は2人とも容疑を否認していましたが、主犯とされる髙橋受刑者が「2人でやった」と認め、おととし10月、鹿児島地裁で懲役14年の実刑判決を受けました。 しかし、共犯とされる川口被告は一貫して否認を続け、争点の整理に時間がかかったため、起訴から約2年もの間裁判が開かれませんでした。鹿児島地裁で開かれたきょうの初公判で、川口被告は「まったく関与していない」と起訴内容を否認し、川口被告の弁護人は「藤山さんをトランクに拘束したのは高橋受刑者の単独の犯行で、死体遺棄については別の共犯者がいる」などと述べ、無罪を主張しました。 検察側は「川口被告を共犯者とする高橋受刑者の供述は客観的にみて信用できる」などと述べました。 高橋受刑者の裁判で、鹿児島地裁は川口被告の事件への関与をすでに認定していますが、今回の裁判では裁判員たちがどのような判断を示すのか、注目されます。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e29023.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 410 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル