【動画】水俣病救済策 「7月末期限」周知のチラシ配布

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  水俣病と認められない被害者への救済申請の受け付けが7月末で締め切られることについて、22日、細野環境大臣が自ら東京でチラシを配って、申請を呼びかけました。 水俣病の特別措置法では、一定の要件を満たす未認定患者に一時金を支払うなどの救済制度を設けていて、国は申請の受け付けを今年7月末で締め切る方針を打ち出しています。 これについて環境省は22日、全国11カ所でチラシを配り、東京の新橋では細野豪志環境大臣自らが出勤中の人たちなどに「残り5カ月です。多くの人に手を挙げていただきたい」と呼びかけていました。 すでに鹿児島、熊本、新潟の3県でおよそ5万人が救済の申請を行っていますが、未だに制度を知らない人や申請をためらっている人も多くいるとみられ、環境省では7月末の期限までの申請を広く呼びかけています。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e29270.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 36 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル