【動画】環境大臣が湧水町産廃処分場の建設計画で県の不作為指摘

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  宮崎県の廃棄物処理業者が湧水町に産廃処分場の建設を計画している問題で、業者から県に提出された設置許可申請の取り扱いについて環境大臣が「たなざらしの状態が続いている」と指摘し県知事に改善を求めていたことが分かりました。 県によりますと、湧水町恒次に産業廃棄物の管理型最終処分場の建設を計画している宮崎県小林市の廃棄物処理業者「九州北清」はおととし5月、県に対し、処分場の設置許可申請を行いました。 しかし、県は「許可申請の前に任意で求めている事前協議の手続きを行っていない」として申請を放置し、何の処分も行っていませんでした。 このため九州北清が「県の対応は不服」として環境大臣に審査請求をしていました。 そして先月30日、環境大臣は「特段の理由もないのに現在まで処分をしていない不作為の状態が続いている。県知事は速やかに何らかの処分をすべき」と命じる裁決を行いました。 この裁決について県は「今後の対応を協議する」と述べ、九州北清は「今月17日に行う記者会見で説明する」としています。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e29026.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 299 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル