【動画】薩摩川内市で作った「竹紙」に大臣賞

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  一見どこででも目にするノート。 実は、原材料が「竹」なんです。 触り具合も、普通のノートと変わりません。 薩摩川内市で作られたこの「竹紙」が、環境にやさしく優れた製品に贈られる、エコプロダクツ大賞で農林水産大臣賞を受賞しました。 受賞報告のため県庁を訪れたのは、薩摩川内市に工場がある中越パルプ工業のみなさんです。 知事に、国産の竹で作られた「竹紙」の名刺を手渡しました。 中越パルプ工業は、14年前から資源の有効活用を目的に、薩摩川内市の工場で竹を使った紙づくりに取り組んできました。 国内では、竹の需要が減り、荒廃した放置竹林の活用が問題となるなか、2年前に、国産の竹100%の紙の製造に成功しました。 木材に比べて紙に加工する効率が悪い竹の利用方法を見つけただけでなく、住民と協力して竹の集荷体制を整えたり、竹林管理などにも、貢献したことが高く評価されました。 竹紙で作られたノートなどの製品は、今のところ東京の文具店でしか買うことができませんが、量産が可能なため、中越パルプ工業では、今後、販路を広げていきたい考えです。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28667.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 83 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル