【動画】薩摩川内市にマングース生息 県が調査開始

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  県本土では鹿児島市の喜入地区でしか生息が確認されていないマングースが薩摩川内市で撮影されていたことが分かりました。喜入地区とは別の群れが存在している可能性もあり、県が調査に乗り出しました。 県によりますと、去年の12月末に薩摩川内市高江町で野鳥愛好家が撮影した写真を専門家が分析した結果、マングースであることが確認されました。 薩摩川内市野鳥保護会によりますと、今回マングースが撮影された周辺では、ほかにも数件の目撃情報があり、県などは捕獲のため、周辺の草むら26カ所に鉄カゴの罠を仕掛けました。 県によりますと、マングースはおもに沖縄本島や奄美大島に生息し、2009年には県本土の鹿児島市喜入地区でも生息が確認されています。 喜入地区では、県が駆除を進めた結果、去年2月以降捕獲されていません。 マングースは生息域を大幅に移動する習性はなく、今回の現場と喜入地区はおよそ50キロ離れていることから、別の群れが存在していた可能性もあるということです。 県は、駆除を進めるとともにどれぐらい生息しているのか調べることにしています。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28779.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 57 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル