【動画】豪雨被災の住用総合支所新築へ

【動画ニュース】※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。  おととしの奄美豪雨災害で被災した奄美市の住用総合支所の庁舎が、同じ場所に建て替えられることになりました。 新庁舎は3階建てとなり、災害時に浸水した1階部分は駐車場になる予定です。 奄美市議会に23日提案された来年度の当初予算案には、老朽化した住用総合支所などを建て直す事業として7億2300万円が盛り込まれています。 住用総合支所の庁舎は現在2階建てですが、新しい庁舎は現在の場所に鉄筋コンクリート3階建ての庁舎として建設される計画です。 おととし10月の奄美豪雨災害で浸水した1階部分は駐車場になり、3階フロアには災害時に避難所としても使われる大会議室などが整備される予定です。 新庁舎は来年1月に建設が始まり、再来年3月に完成する予定で、周辺の施設の整備を含む総事業費はおよそ15億円となっています。 このほか奄美市の来年度予算案には、防災関連の「安全安心対策費」として6300万円余りが計上され、災害時に孤立する可能性がある合わせて6つの地区に衛星携帯電話が配備される計画です。 また、防災行政無線などを聞くことができるラジオが市内の避難所など220カ所に設置される予定です。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e29286.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 38 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル