ベガルタ仙台キャンプイン

 ことしもプロスポーツのキャンプシーズン到来です。県内では今年サッカーと野球、あわせて16チームがキャンプを行いますが、その第一陣としてJリーグのベガルタ仙台が鹿児島入りしました。 去年、チーム最高のJ1、4位となったベガルタ仙台。鹿児島入りしたのはいずれも鹿児島実業出身の赤嶺真吾選手や松下年宏選手、それにセレッソ大阪から移籍の上本大海選手など、選手・スタッフあわせて33人です。 鹿児島空港で行われた歓迎セレモニーでは手倉森誠監督とキャプテンで元日本代表の柳沢敦選手に花束が贈られ、手倉森監督が「去年、震災があった中、復興の光となるよう戦ってきました。今年もその使命を胸に刻んで精進したい」と決意を述べました。 このあと選手は、さつま町にあるキャンプ地のインターナショナルゴルフリゾート京セラに向かい、早くも午後から軽く汗を流しました。2年連続3回目となるベガルタのキャンプは来月6日までで、無料で見学できるということです。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28742.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 58 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル