地域の方の意見と知恵を取り入れて始めたお菓子作り!

1112141

<株式会社津曲食品の津曲浩和さん、津曲浩二さんとsun

今日は、曽於市大隅町月野にある株式会社津曲食品におじゃましましたnote昭和48年に創業したこちら、最初はお菓子ではなくこんにゃくを作っていましたsign01近くに住んでいるおばちゃんたちの技術や意見を聞きながらあくまきを作り始めたのが、お菓子作りを始めるきっかけになったそうですflair和菓子なので、季節によって変動がありますが、1日7000~8000個お菓子を作っていますup品質、味にはもちろんですがですが、鹿児島の味を守っていくことにこだわっていますgood最近では、物産館などで県外の方にも食べていただける機会が増えたそうです。また、5年前からインターネット販売も始めたため、遠くにお住まいの方や、若い方にも利用してもらえるそうですpc県外の方は「これ、どうやって食べるの??」と仰る方もいるそうです。「懐かしい味がする」ということばをいただくと、大変なことも吹っ飛ぶそうですhappy01heart02「鹿児島に生まれ、鹿児島に育ち、鹿児島の食文化で育ってきたきたので、今の仕事ができていると思うので今後も鹿児島に残る味を守り、発信していきたい」と津曲浩和さんshine

浩二さんによると、曽於市にはビジネスマンが多いのに、ビジネスホテルが少ないという声があったため、平成12年に始めた事業です。お客さまに満足していただけるように、コンビニやコインランドリー、レストラン、岩盤浴など施設を充実させていますhotel1日疲れて仕事をして帰って来るお客さんがゆっくり休めるようなホテルにしていきたいそうですhappy01

提供元:ポニー号中継! (http://blog.mbc.co.jp/ponygo/2011/12/post-f294.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 92 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル