屋久島事件 否認の被告に懲役8年求刑

 屋久島町の元会社社長を監禁して死亡させたなどとして、逮捕監禁致死などの罪に問われている男に対し、検察側は20日、懲役8年を求刑しました。 起訴状などによりますと、川口秀雄被告(51)は2009年、既に服役中の髙橋秀明受刑者(49)とともに、屋久島町の元会社社長 藤山幸彦さん(当時73)を車のトランクに監禁して窒息死させ、その後遺体を栃木県の山中に捨てたとされています。 鹿児島地裁で開かれた論告求刑公判で検察側は「川口被告は犯行を否認し、反省の態度がみられない」として懲役8年を求刑しました。 一方、弁護側は無罪を主張しました。 判決公判は今月27日に開かれます。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e29223.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 100 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル