日本一早い桜マラソン

 ヒカンザクラが見ごろを迎えている奄美大島で、5日「桜マラソン大会」が開かれました。 大会には地元をはじめ、関東や関西などからおよそ1600人がエントリーし、それぞれの体力に合わせて5つのコースで健脚を競いました。 中でも15.5キロの「花見コース」では、およそ300本のヒカンザクラが見ごろを迎えていて参加者の目を楽しませていました。 沿道では、地元の人たちが太鼓を打ち鳴らして声援を送り、大会を盛り上げていました。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28834.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 25 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル