神村学園初戦を突破

 センバツ高校野球神村学園初戦の相手は注目の石巻工業。4点をリードしていた神村学園は、被災地の想いを背負った石巻工業に、一時、試合をひっくり返されましたが、再び逆転し初戦を突破しました。 全国が注目したこのカード、1回、2回と1点ずつとった神村学園は4回にもワンナウト3塁2塁からラストバッターの二河がセンターへはじき返して4対0とし、勝利を決めたかに見えました。 ところがその裏、神村の先発、平藪が先頭の2番、斉藤に右中間を深々と破るスリーベースを打たれます。 そして3番、選手宣誓の阿部翔人にも初球をセンターへ。 これで1点を失った平藪は、さらにワンナウト満塁とピンチを広げ、7番、阿部克輝のタイムリーで4対2、なおも満塁として8番、伊勢の打球がセンターに転がる間にランナー3人の生還を許し、神村、5対4とまさかの逆転を許します。 しかし神村は直後の5回、ツーアウト満塁から8番、中野が押し出しのフォアボールを選んで同点に追いつくと、相手の2番手ピッチャー、阿部剛司の立ち上がりの乱れにつけこんで得点を重ね、9対5と再びリードします。 神村学園は6回から登板の柿澤が緩急をつけたピッチングで石巻工業打線を抑え9対5で勝って2回戦進出を決めました。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e29922.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 25 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル