鹿児島市で「児童虐待防止シンポジウム」

 全国での発生件数が10年前のおよそ3倍になっている「児童虐待」の防止を目指すシンポジウムが22日、鹿児島市で開かれました。 このシンポジウムは、児童虐待の発生を食い止めようと、鹿児島市内の3つのロータリークラブが開いたもので、児童福祉司やこの問題に詳しい弁護士などが出席しました。 この中では、「子育ての環境が年々悪化し、虐待の中身がエスカレートしている」といった指摘や、「鹿児島市の町内会の加入率は59.1パーセントに低下している。虐待防止には地域の絆を強くすることが大切だ」といった意見が出されました。 また「今年4月に改正児童福祉法が施行され、虐待する親から子供を守りやすくなるといわれているので、期待したい」といった意見も聞かれました。

提供元:KTSニュースヘッドライン (http://news.ktstv.net/e28523.html)


関連記事がありません。

フェイスブックにコメントする

アクセス数 88 回
Ranking アクセスランキング

鹿児島の天気

鹿屋の天気予報




名 ×

イベント情報 掲載申し込み
メールマガジン
かごしまの情報大募集 会員登録(無料)をすると、鹿児島の情報を投稿できます!
Mobile モバイル